合宿免許と教習所に通って免許を取る場合の違い

バナー

合宿免許と教習所に通って免許を取る場合の違い

合宿免許とは、宿泊をしながら毎日、免許を取得するための教習や学科の勉強を行うものです。
公認教習所が行っている場合が多いので、通って車の免許を取るのと同じように、試験場での実技試験は免除されます。


教習所に通って免許を取る場合と比較した時の合宿免許のメリットは、まず短期間で免許が取得できる可能性が高いということがあります。
最短で免許が取れるように効率の良いカリキュラムが組まれており、しかも、毎日連続で教習や学科の勉強を行うので、学んだことを忘れにくい特徴があります。

費用も、教習所に通うのに比べて割安なケースが多く見られます。最短では、14日間で免許を取得することができます。

しかし、この期間には個人差があります。

そのような場合でも、無料で講習を延長できるシステムの合宿免許などもあります。



料金は、それぞれで異なりますが、20万円~30万円くらいの料金設定が多く見られます。夏休み期間中など、人気がある期間以外の期間の料金を割引しているところなどもあります。

また、宿泊施設が選べるタイプのものもあり、そのような場合には、選択によって費用が変わってきます。

合宿免許は、効率よく免許を取ることができるというメリットの他に、自由時間は仲間と楽しむことができるというメリットがあります。

楽しい合宿免許に関する疑問を解決いたします。

観光地にあったり、レジャー施設が近いという合宿免許なども多くあります。

宿泊しているため、仲間とのつながりも強くなり、良い思い出になっているという人も多いようです。



Copyright (C) 2015 合宿免許と教習所に通って免許を取る場合の違い All Rights Reserved.